blog index

わくワクライフ

日々感じることを楽しくつづっていきます。
「自分磨きサポーター」をしています。http://liberuce.com
ヒーリングルームリベルチェの友香(ゆか)です。

(受講生さんのご感想は全て、本人の了承を得て載せています)
古代アナサジフルート奮闘記(20)笛とたわむれる
0

    最近の日記は、やたらと音楽系のことばかりですが・・・

    それが書きたいので良いのだぁ(笑)


    さて、たて笛(アナサジフルート)の練習のことを、これからは

    「笛とたわむれる」
    と表現しようと思います♪

    練習というよりもね・・

    笛の音に身をゆだねてるっていうのか・・・
    音と自分の心が、響きあっているというのか・・・

    なんでしょう、あの感覚。。。。

    私の中の「心地よさ」が引き出される感じがして、とても気持ちが良いんです。

    心の底が知っている、超幸せな感覚を、思い出すような・・・
    至福の時♪♪


    さてっ・・・また、今から笛とたわむれて来ます♪

    | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 11:19 | - | - | - | - |
    古代アナサジフルート奮闘記(19)ハープと練習
    0

      今日は、ある会場を借りて、友人のKちゃんと、音合わせをしました。

      Kちゃんはアイリッシュハープをされています。


      一緒に「上を向いて歩こう」
      を練習しているのですが、それの練習中に、なぜか話の流れで、最近やけに気に入ってるフレーズが入った自作の曲(上を向いて歩こうではない曲)を、Kちゃんに聴いてもらいました。

      そしたら〜〜Kちゃんが
      「いいねぇ〜〜。言葉に表せない何かがあるねぇ」

      って言ってくれて♪

      むっちゃ嬉しかった〜〜!!!


      そうやねん!
      今、すっごく思っているのは、言葉だけでは表せない何かを、ダイレクトにみんなに伝えたい!伝えていこう!!という気持ちがあるんですっ。

      そういう部分が今日、伝わったことが、ほんとうに、めっちゃめちゃ嬉しかったです。

      なんだか〜〜

      このまま、笛をやり続けてみよう!と思えました。

      よしっ
      これからも、どんどん感じるままに笛を奏でていこうと思います!!

      そして人前で、より素敵な音が出せるよう、日々の練習に励みます!


      Kちゃん〜〜〜〜ありがとう!!

      | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 19:34 | - | - | - | - |
      古代アナサジフルート奮闘記(18)音楽会へ向けて
      0

        さてと、昨年の6月から練習している、アナサジフルートという、ちょいとマニアックな(笑)たて笛の奮闘記です。


        前の日記に書いていました「友香風Twilight Canyon」は、気分よく練習しています。
        この曲の雰囲気が好きなので、何回吹いても、今のところ飽きてません(笑)

        まだまだ音の強弱や、音程の取り方、高い音から低い音への切り替えあたりが、ちょいと難しいですが、ずっと練習してたら、そのうち何とかなるさぁ〜と、気軽な気持ちで練習しています♪

        練習し始めの頃は、何の音も出ませんでしたから、それに比べたら少しは進歩です。


        最近の練習法としては、
        たて笛に、吹き方を聴きながら、吹いてみました。

        「たて笛さん、どうやって吹いたらいい?」と笛に尋ねるんです。

        すると、いつも同じフレーズが出てくるんですよね・・・

        「ぴ〜ぱ〜ぷ〜〜」

        不思議だ・・・

        ・・・って、傍から見たら、こんな練習法をしている私の方が不思議やわな(笑)


        さて〜〜
        今年の6月あたりには、素人音楽わくわく発表会 を開こうと思っています。
        楽器好きな人たちに集まってもらって、自己表現の一つとして演奏して頂くんです♪

        えっ?そこで私は何をするかって?
        私は、企画&司会&演奏者をする予定(^_^)

        もちろん私も演奏者として出演しますっ。

        そのときに、何の曲を演奏しようかなぁと、いまから想像して、楽しんでいます。


        みんなに笛を披露できるよう、人前で音が出せるレベルまでにはなれるように、まずは地道に日々の練習を頑張ります!!


        音楽発表会の件は、決まったらまたご報告しますね♪

        | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 00:25 | - | - | - | - |
        古代アナサジフルート奮闘記(17)編曲もどき
        0
          さて〜
          アナサジフルート(たて笛)の奮闘記です。

          年空けてから、笛のCDの中にある「Twilight Canyon」という曲を聴きながら、ドレミに直して紙に書いてみました。
          (といっても譜面は全然起こせないので、ドレミ〜とカタカナです(笑)

          その曲の雰囲気が好きで、吹けるようになりたい〜と思っていたのですが、どうやら書き出してみたところ・・・アナサジの音が足りない様子。

          (アナサジは5音階なのでピアノでいう所の「ファ」がありませせん)

          一通り、音を拾ったあとに、今度はない音を修正してみようと思い、ちょいとアレンジ。・・・編曲してみましたぁ〜〜♪

          編曲っていったら、かなりカッコいいけれど、音のないところの変な部分を、ちょっと修正した感じで、果たしてうまくいってるのか、どうだか怪しいものです。なので編曲もどきデスな(笑)
          私は音楽的な知識を学んでないので、「ただの感覚」だけが頼りです。

          まっ、とりあえず、そんな感じで出来上がった「友香風Twilight Canyon」を今、練習中。

          この曲の雰囲気が大好きなので、しばらく飽きるまで練習したいと思います。



          現在の課題はやっぱり高い音から、低い音に切り替える時。綺麗な音がでない時があります。
          それと、大きめ目の音を出すのも課題でしょうか・・。まだ息が続かない・・。


          ちょっとずつ、課題をクリアするぞ!!

          | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 11:18 | - | - | - | - |
          古代アナサジフルート奮闘記(16)泣けてきた
          0

            今日は、お仕事が終わってから、家に帰り、笛(アナサジフルート)の練習をしました。

            感じるままに、思うままに音を出す練習が、最近のお気に入りで、今日もそれをやっていたのですが。

            吹いている途中で、急に涙が出てきて・・・・
            うるうるうると、止まりません。

            何で泣いてるのか自分では意味はわからず、ただ吹いていると泣けてくるんです。


            何だろ・・・笛の音?響き?に体の内側が反応したような感じ?
            うまく言えないけれど、そんな感じでした。


            ・・感じたありのままを、笛・・「音」で表現したいです。

            心と体を笛にゆだねて、そのまま・・・感じるままに。


            さて、今からもうちょっと練習しよ♪

            | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 17:48 | - | - | - | - |
            古代アナサジフルート奮闘記(15)吹きたい想い
            0

              また京都サロン近くの川で、アナサジフルート(笛)の練習しました。

              面白かったのは、にわか雨に降られたこと。

              自転車で川まで行ってついたら間もなく、雨が降ってきて、しばらく無視して吹いていたけれど寒くなってきたので、サロンに戻ってきて、そのあと、ちょっと買い物に出て、またサロンに戻ったら、雨・・やみました。

              雨が降っていた間だけ、外出していた私。

              なんだか・・・笑える。


              雨の中、笛を吹きながら思ったのは「吹きたいっっっっ」っていう強い気持ち。

              吹いてるのに、吹きたいって変ですが、正確には「しっかり吹きたい」という感じかな・・・。

              冷たい雨の中、寒い思いしながらでも吹いている自分を客観的に観たとき、そんなにまでしても、吹きたいんだ・・・という気持ちに気づいたんです。

              雨さん、素敵な気付きをありがとう。


              練習を重ねて、もっとうまくなって、人前で吹きたいっという思いが募ってきます。

              そうそう、数日前に思ったことが一つあって。

              「あと3年の命だったら、どうしたいだろう、私」ということ。

              そういう感じの実習は、あるセミナーを開催してたとき、やったことあるのですが、自分自身のことを改めて、考えてみました。

              すると出てくるのは、
              「笛を吹きたい。絶対に、私の思いを笛を通じて人に伝えたい!」
              「自然ともっと触れたいっ」
              「旅に出たいっ」

              時間は、刻々と過ぎていきます。
              いつなんどき、何が起こるのかもわからない。
              永遠、同じ年齢で過ごせるわけではない。

              だったら、やりたいことを後回しにしないで・・・今やろう!!

              できない理由に縛られずに、どうしたらできるか、考えよう!


              そう思いました。

              | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 15:23 | - | - | - | - |
              古代アナサジフルート奮闘記(14)川で練習
              0

                久しぶりに、笛のこと、書きます。

                京都サロンのほど近いところに、桂川があります。
                今朝、笛を持って、川沿いまで行き、たっぷり練習しました〜〜〜。

                川のせせらぎの音を聞きながら、笛を吹くなんて・・・。

                すっごく気持ちが良くて、めっちゃめちゃ幸せでした!


                今はアイリッシュハープという楽器をされているKちゃんと共演することを目標にがんばっています。
                この間、音合わせしましたが、ハープと笛の音の相性は、よさげでした。

                とりあえずは練習曲として「上を向いて歩こう」をKちゃんとお互い練習をすることにしていますので、今日も、上を向いて歩こうを練習しました。

                ・・・・いい気持ちでしたぁ〜〜〜〜!!



                気持ちは良いけれど、近くで川の音がするので、笛の音が聴き取りにくいのと、まだあまり大きな音が出ないので、練習していて思ったのは、腹筋を鍛えて腹式呼吸をしっかりして、もっと大きな太い音が出るようにしたいな・・ということでした。

                そういう課題も発見しながら、京都にきたときは毎回、川に行って吹こうかなと思ったりしました。(川が大好きなんです、私。川だけではなく、自然全部、大好き!)

                ぼんやり瞑想したり、笛を吹いたりして1時間くらい川沿いで過ごしましたが、こんなに気持ちのイイ時間をとれること自体に、本当に大感謝です。


                まずは来年、素人音楽発表会を開き、そのあといつか必ず、野外コンサートを開くぞっっっっ!
                そのために、楽しく練習だぁ!


                ありがとう!!!!!!

                | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 00:24 | - | - | - | - |
                古代アナサジフルート奮闘記(13)腹式呼吸と音程
                0

                  練習中の笛のことです。

                  CDの曲は、なんとなく吹けるようになってきました。

                  ただ、やっぱ、腹式呼吸は慣れていないせいか、全然まだまだって感じでしょうか。

                  ヨガに行き、腹式呼吸のことを聞いて練習してみましたが・・・うまくできてるのだか、どうなんだか?
                  良くわからない・・・というのが、現状です。

                  まっ、最初っからバッチリ出来てたら、成長する楽しみが減りますし、ちょっとずつの自分の成長を楽しむようにしていきます。

                  腹式で本格的にしっかりと呼吸ができるようになると、きっと音にハリが出て、もうちょっと大きな音も出るようになるんじゃないかな・・・と思っています。
                  (今は、ちょっと音が小さい)

                  そして音程がうまく取れないことに対してですが(私の場合は、A管の方が取りにくい)やっぱり、口の形をちゃんと整えて、音程をしっかりとれるよう、練習すること・・・が一番のようです。
                  指孔を全開にしたときが、一番低くなってしまうので、高い音を出すように意識する・・・ということでしょうけれど、、、これにはちょいと時間がかかりそうな様子です。

                  私にとっては難しいんですよね・・・音を調整しながら吹くって・・

                  上を向いてあるこう・・・には、楽譜に「ファ」がないので、吹ける曲なので(アナサジは、五音音階なので、ファがあると吹けない)このところ、その曲を、練習しています。

                  ちょうど、指孔全開の「シ」がいっぱい出てくるので、音階を取る練習にはもってこい・・な感じがしますので、しばらくの間の練習曲にしようと思います。

                  「感じるままに吹く」という練習もしているのですが、これは・・・私にあった吹き方のようではありますが、やるたびに思うのは、もっと表現力をつけたいな・・・という感じです。

                  表現力の練習は、ずっとずっと続くのだろうけれど、とりあえずは、テレビでクラシックの演奏が放映したりしているときに、じっくり聴いてみる、好きなアーチストのコンサートに行って感じてみる・・・
                  というあたりを、やっていきます。具体的な練習は、いろんな曲を吹いてみる・・ということでしょうかね。

                  CDの曲を少しずつ音符になおして(ドレミ〜ってカタカナで書くだけですが(笑)吹いていこうと思います。


                  そんな感じでしょうか。

                  また書きますね。

                  | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 18:40 | - | - | - | - |
                  古代アナサジフルート奮闘記(12)新しい笛
                  0

                    2本目のアナサジフルートを買いました!

                    今度はG#管。

                    1本目(A管)とは別のメーカーのやつを頼みましたが・・・・

                    超かっこいいですっ。

                    笛全体に、装飾がほどこされていて、趣のある朱色で、見た目、抜群に良いですっ。
                    (まぁ、それぞれに好みはあると思いますが)

                    音は・・・もちろん良いですね。
                    初めて買ったやつよりも、一回り大きいので、さらに低い音がでますっ!(大きくなると、低い音がでる)
                    私、低音の笛の音が大好きなので、すごく良い感じです。


                    全長76センチあるので、でっかい笛なのですが、指孔にも無事、届きました!!

                    めっちゃ嬉しいですっっっ!


                    これからどんどん吹いてきますっっ!!

                    | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 01:02 | - | - | - | - |
                    古代アナサジフルート奮闘記(11)吹けた〜
                    0

                      さて、笛の練習ですが。

                      現在のところ笛のCDの「Morning Star」という曲を練習していて、最後まで吹くことが出来ました。

                      いま、その曲の完成度をもう少し上げるためにしているのが、
                      1.腹式呼吸
                      2.ビブラート
                      3.高い音から低い音に行く練習
                      4.CDをかけたり止めたりしながら、CDと一緒に吹く

                      です。

                      腹式呼吸の仕方はよく知らないのですが、どうやら鼻で呼吸をして丹田(おへその少し下)というツボに意識を向けて呼吸をすると良いようです。
                      口で呼吸をするのと比べてみたら、明らかに鼻で呼吸をした方が、笛の音が長く続きます。

                      そしてビブラート。ビブラートとは、わんわんわん〜〜と音を波のように揺らすことを言いますが、わんわん・・って書くと犬みたいですが、犬のように吹くのではないです(笑)

                      尺八に似た楽器なので、尺八入門のDVDを参考にしてみたところ、頭を動かしてビブラートをかけるという方法があるようでして。
                      それと、音を小さくしたり大きくしたりする頭を動かさない方法でも、やってみたら、それでも出来そうな感じでした。
                      どちらが良いのかは、今の時点では分からないので、イロイロ試してみます。


                      高い音から低い音に行く練習というのは、例えばこんな感じ。
                      シーラー、シーソー、シーミー、シーレー

                      のように、高いおとを吹いてから下げていく練習です。
                      低音の音を出すときと、高めの音を出すときでは、どうも息の入れ方が違うので、瞬時に切り替えなくてはいけませんが、なんだか・・それがちょっと難しいので、しばらく練習してみます。


                      呼吸に関しては、これから1週間ほど生活の中で、丹田に意識を向けながら鼻で呼吸してみることにしました。

                      気付いたら丹田で呼吸をする。
                      まずはそれをしてみます。

                      腹式呼吸は、背中の方まで息を入れるようにしたらいい・・とネットでは書いてあるのですが、急にするのは私の場合は大変そうなので、まずは、丹田に意識を向けて、鼻で呼吸をしてみます。

                      それと、もうちょっとMorning・・をもうちょっとイイ感じにふけるようになるまで、練習してみます。

                      最初に比べたら、ちょっとは曲っぽいのが吹けるようになった気がします。
                      最初は、全く音すら出なかったですから(笑)

                      ではまた書きます〜

                      | 由香 | 古代アナサジフルート奮闘記 | 17:37 | - | - | - | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      bolg index このページの先頭へ